癌の本当の怖さ

スポンサードリンク

癌という病気の本当の怖さは、再発・転移です。

人間の体の細胞は、1ミリで100個の細胞から
なると言われています。その1ミリの1つが癌細胞になり
体中のいたるところに潜んでいるので、
一度でも癌になってしまうということは、
癌の免疫細胞がなんらかのバランスが崩れ、癌細胞が優位に
なっていることが考えられます。

免疫力を強化してやれば、
癌は、再発と転移さえ防ぐことができるので、
そんなに怖いもでもないと考えます。

現在の医療では、初期治療の成功のあと
まるで再発の時期を待つかのように
その間、何の手立てをこうじることもなく
経過観察だけで、終わりにしています。

初期治療から再発までの期間こそが
完全治療の最も大切な期間です。
しかしながら、再発はできるかぎり
したくないものです。

いつ再発するかわかりません。
癌になると言うことは、癌の体質になっていることを
自覚しなければなりません。

その為に癌が発病してしまったら西洋医学と合わせて
上手に抑制しコントロールしなければなりません。

癌は一度発病すると、どこにまだ癌の芽が潜んでいるのか
わからない。癌が増殖してくるのを抑えながら、
癌細胞との共存状態を保ちながら、社会生活を営んでいくことです。

代替療法によって、強化された体の健康復元能力によって
体内の癌の芽を完全に消滅してくれる日を待つしかありません。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP