癌手術についての関連情報

スポンサードリンク

癌手術について調べてみました。

Q:がん保険についての質問です。父が癌を患いました。癌の手術の際に持病である糖尿病を治す必要がありました。糖尿病治療に2週間ほどの入院治療を要しました。続けての入院で手術が出来れば良かったのですが、主治医の予定もあり、手術まで一時入院をして自宅待機となり、その後再入院で癌手術となりました。保険会社へ最初の入院でもある、癌の治療の為の糖尿病治療入院は保険の対象になりますか?と電話で問い合わせたところ『対象になります』との回答だったので診断書を用意し保険会社へ提出しました。後日保険会社から『糖尿病治療の入院はは癌治療の直接的治療になりませんから保険支払いの対象外となります』との電話連絡が入りました。以上、簡単な説明となりますが、納得せざるお得ないでしょうか?安心の為の保険でしたので、このような回答に納得できるはずも無く糖尿病治療も癌の手術が無ければ入院を必要としませんでした。腑に落ちない状況でしたので皆さまにご意見ご経験をお伺いします。よろしくお願い致します。
A:とても深刻な問題だったと、お察しいたします。結論から申し上げますと、医師の診断書にどのように書かれていたかが重要です。医師の診断書のみが判断基準です。癌手術で入院。だけであれば、良いのですが、持病での糖尿病入院もあれば、糖尿病入院部分は、がん保険では対象外と思います。そもそも「がん保険」ですが、医療保険の一種で、保障対象を「がん」に絞り込んだ保険になります。よって診断が「がん」だと保険金が支払われます。で、がんの手術をするために、糖尿病の治療が先というのは、糖尿病だと血液の流れが悪くなったり、血糖値等々の関係から、先に治療する必要があり、その後でないと、がんの手術ができない。現代の手術方法なのです。おっしゃりたい事は良くわかります。一連のがん治療でしょ。ですよね、保険会社的には質問文よんで、がんそのものの治療ではない。は、「がん保険」としてみれば、糖尿病とでると、無理と言えると思います。医療保険もしくは、医療特約とか、生活習慣病特約なるものが、がん保険以外の生命保険についていれば、糖尿病入院は保険金がでます。まとめで、はじめと重複しますが、医師の診断書しだいです。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP