torigoe_gan

鳥越俊太郎のがん治療

スポンサードリンク

鳥越俊太郎のがん治療
末期癌から復活と遂げた鳥越俊太郎は、西洋医学による癌治療に加え、東洋医学である漢方も取り入れ
ています。西洋医学の癌治療と言えば、外科療法、化学療法、放射線療法があります。

●外科療法とは
癌(がん)の原発巣(最初に癌(がん)が発生した部位)と転移巣(原発巣から転位した部位)を含め、ひと塊として切り取る治療が外科療法で、一般的には手術療法ともいいます。血液を除くほとんどの癌(がん)に対して行われ、原則として癌(がん)の主病巣と所属のリンパ節を取り去ります。癌(がん)が原発部位だけにとどまっていて、転移等が確認されない場合(初期の原発部位等)にはもっとも有効な選択肢といえるでしょう。また、癌(がん)を部分的に切除する手術によって症状が改善され、放射線療法や化学療法の効果が上がることもあります。

●化学療法とは
癌(がん)の化学療法は化学物質(抗がん剤(抗癌剤))を用いて癌細胞(がん細胞)の分裂を抑え、癌細胞(がん細胞)を破壊する治療法です。化学療法とは20世紀初頭に近代治療学の天才といわれるドイツのエールリッヒ博士がはじめて使った言葉といわれています。抗がん剤(抗癌剤)は静脈に注射するか、内服すると血液中に入り、全身の隅々まで運ばれて体内に潜む癌細胞(がん細胞)を攻撃し、破壊します。全身のどこに癌細胞(がん細胞)があってもそれを全滅させる力を持っているので、全身的な治療に効果があります。

●放射線療法とは
X線やγ(ガンマ)線といった放射線を照射すると、癌細胞(がん細胞)は分裂が出来なくなり、増殖が抑えられます。正常な細胞も放射線によって損傷(障害)を受けますが、この損傷(障害)を出来るだけ少なくし、癌細胞(がん細胞)だけに最大の効果を発揮できるように照射法を工夫して治療するのが放射線療法です。

東洋医学の漢方は中国医学です。
中国はご存知の通り3000年もの歴史があり、その時代で様々な治療をしています。
その中国医学に観点からすると、新陳代謝、自然治癒能力などを用いた、体全体への治療です。

鳥越俊太郎さんは、免疫力を高めることが重要だと自伝に書かれいます。
免疫力を高めるには、規則正しい生活、粗食と快眠、適度の運動。
しかし、免疫療法を認めない人たちもいるのも確かです。

免疫療法はまだ研究段階で、臨床的有用性が明らかに証明されているものではありません。
免疫療法に300万円から最高で2000万円までかけた患者20人から「効いたという人は一人もいない。」
という情報もあります。

もちろん、免疫療法だけで癌が全て治る保証もありません。
とは言え、西洋医学による癌治療には限界があり、抗がん剤などで、体中の全てを取り除くには
不可能です。西洋医学に限界がありますが、免疫療法には、限界はありません。

体内の免疫細胞を強くすれば、癌細胞を抑制し、コントロールする事ができるのです。

もし、免疫細胞の強化に有効な東洋医学の漢方が有効なものでなければ、
鳥越俊太郎さんも、癌治療に取り入れなかったはずです。
しかし、現に鳥越俊太郎さんは、末期癌から復活を遂げています。

つまり、代替医療である東洋医学の免疫療法は、有効であるということです。

鳥越俊太郎氏のがん治療特集

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP