ganmeneki-images-20160111

コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去

スポンサードリンク

コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去

フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデー」や「とくダネ!」のコメンテーターでも知られる編集者の竹田圭吾さんが
2016年1月10日午後2時ごろ、膵臓がんのため東京都内の病院で死去した。51歳だった。

2013年11月に病気療養のため、出演番組をすべて降板。翌2014年には復帰したが、そのころからゲッソリと痩せた姿に心配する声が多く上がっていた。その年の2014年9月には「Mr.サンデー」出演時に、がんであることを告白。さらには抗がん剤治療の副作用で頭髪が抜けるためかつらを着用していることも明かしたが、その後も変わらずに時事問題に斬りこんでいった。

2014年末にも同番組に出演。その際にもあまりの痩せぶりに心配する声が後を絶たなかった。フジテレビ関係者は「復帰してから、さすがに痩せていたのは分かっていたし、容体はよくないだろうし、相当大変なんだろうというのは感じていたが、自分から弱音を吐くこともしないで出演し続けた。川島なお美さんじゃないが、最後まで仕事を全うするんだという覚悟を決めているように見えた」。

竹田さんはアメリカンフットボール誌を経て、1993年から週刊誌「ニューズウィーク日本版」編集部に移り、2001年から10年まで編集長を務めた。2016年1月11日の「とくダネ!」では出演者が竹田さんを追悼。菊川怜は泣き顔でコメントした。

竹田圭吾氏 プロフィール

竹田圭吾(たけだけいご)
東京都中央区生まれ。芝中学校・高等学校、慶應義塾大学文学部史学科卒業。
大学卒業後、『月刊タッチダウン』の記者を経て[3]、1993年(平成5年)、TBSブリタニカに入社、『ニューズウィーク日本版』編集部に入る。1998年(平成10年)に副編集長、2001年(平成13年)から2010年(平成22年)10月まで編集長を務めた。
日本のジャーナリスト。2001年から2010年まで『ニューズウィーク日本版』編集長を務めた。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP