20140516_gannews

がん患者数 年間80万人!?国立がん研究センターがん対策情報センター

スポンサードリンク

1年間に新たにがんにかかった人は、2010年の推計値で
80万人を超えたことが、国立がん研究センターがん対策情報センターの
最新統計で明らかに。

記録が残る35年前の約4倍で、80万人を超えたのは初めて。
高齢化の影響が大きいとみられる。
生涯でがんにかかる確率は男性60%、女性45%と試算している。

全国の地域がん登録事業を実施している自治体のデータをもとに推計した。
その結果、10年にがんにかかった人は

男性 46万8048人、
女性 33万7188人
計80万5236人

1975年の計20万6702人の約4倍だった。

部位別でかかった人が多いがんは、

男性
(1)胃がん
(2)肺がん
(3)大腸がん

女性
(1)乳がん
(2)大腸がん
(3)胃がん

ここ最近は順位に変化はない。

一方、がんによる死者は2012年の人口動態統計によると、
男性 21万5110人
女性 14万5853人
計36万963人

がんで死亡する確率は

男性26%
女性16%

死亡数が多いがんは、
男性
(1)肺がん
(2)胃がん
(3)大腸がん

女性
(1)大腸がん
(2)肺がん
(3)胃がん

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP