NHK糖尿病の場合、膵臓がんリスク1.85倍

糖尿病の場合、すい臓がんリスク1.85倍!!

スポンサードリンク

糖尿病の場合、すい臓がんリスク1.85倍!!
 
糖尿病の人は、肝臓がんやすい臓がんになるリスクが2倍近くに高まる、とする調査結果を専門の学会がまとめました。
 
日本糖尿病学会と日本癌学会の合同委員会は、合わせて33万6000人の男女を追跡した国内の8つの研究を基に糖尿病とがんの発症に関係があるか調べました。
その結果、糖尿病がある人のがんの発症率は、糖尿病がない人の1.19倍に高くなっていることが分かりました。
がんの種類別に見ると、肝臓がんでは1.97倍、すい臓がんでは1.85倍とリスクが2倍近くに高まっていて、結腸がんでも1.4倍になっていました。
 
一方、乳がんや前立腺がんでは、糖尿病があるかどうかで発症率に統計的な違いはなかったということです。
糖尿病とがんは、いずれも、喫煙や過剰な飲酒、それにバランスの悪い食事や運動不足などの生活習慣が発症に影響するとされています。
研究をまとめた国立国際医療研究センターの春日雅人総長は「糖尿病とがんの発症が関係していることが分かってきた。生活習慣の改善は糖尿病の治療に必要なだけでなく、がんのリスクも下げるので非常に重要だ」と話しています。
 
~NHKニュース引用

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP