がんワクチン治療

スポンサードリンク

がんワクチン治療は、
NHKの「がんワクチン治療最前線」放送で、
がん患者の関心が高まっています。

がんワクチン治療とは、
抗原を目印にして自己免疫細胞が攻撃します。

がん細胞は正常細胞が変異したものであり、正常細胞とは
異なる何らかの特性を示す抗原です。

体内の樹状細胞(じゅじょうさいぼう)やマクロファージなどの
免疫細胞は、この抗原を標的としてがん細胞を取り込んで排除します。

抗原提示細胞はがん抗原を認識すると、自らがんを攻撃するだけでなく、
がんを攻撃するリンパ球にがん細胞の特徴を情報伝達します。
この情報を元にがん細胞を見つけたリンパ球が攻撃を仕掛けます。

がんワクチンは、こうした人間が本来持っている免疫細胞の力を
高めて、がん細胞を攻撃するものです。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP