勘三郎さんの抗がん剤がん治療拒否の理由

スポンサードリンク

歌舞伎俳優、中村勘三郎さん(享年57)。
復帰を願って食道がんの手術に踏み切ったものの、
帰らぬ人となってしまいました。

同時期に食道がんになった作家のなかにし礼さんは、
放射線治療の一種である陽子線治療で
「がんが消えた」とコメントしています。

なぜ、勘三郎さんは、「手術」を選んだのでしょうか。
経済力がある方の場合、がんが完治する確率が高い、
陽子線治療を選ぶのが普通だったと思います。

推測ですが、来年春の歌舞伎座のこけら落としが気に
なり、早期退院を目指したいと考え、
手術に至ったのではないかと思います。

勘三郎さんは2012年の6月頃に受けた健康診断で
初期の食道がんであることが判明して
翌2012年07月27日には、
12時間を及ぶ食道がんの「摘出手術」を行いました。

そして、2012年09月に肺疾患の発見。
ウイルス感染による肺炎発症の悪化により死去。

摘出手術から1ヶ月の間の治療に、
なにか問題があったか検証してみたいと思います。

●肺炎発症と癌の関連性
一つの情報ですが、
抗がん剤投与中に肺炎発症が発症する可能性が
あるという情報がありました。

薬剤性肺炎。
抗がん薬などで発症する細胞傷害性のものと
アレルギーで発症する場合があるそうです。
原因はわかりませんが、複数の薬剤を服用することで、
相互作用によって発症しやすくなる情報もあります。

もし、これらが事実だとすると、
勘三郎さんが摘出手術後に飲んでいた
化学療法(抗がん剤治療)が原因だったかも
しれません。

年齢にもよりますし、手術は成功したとしても、
体の免疫力は、かなり低下していたのでは
ないでしょうか。

自分の命を病院に預けるのでは無く、
選択肢の1つとして自然免疫療法も考えなくては
延命できないかもしれませんね。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP