4年ぶりに診断5年後のがん生存率公表

スポンサードリンク

国立がん研究センター研究班は23日、
胃、大腸、肺、乳、子宮頸の5種類のがんについて、
診断から5年後の患者の生存率などを全国のがん専門病院ごとに集計し、
ホームページ上で公表した。

公表は2008年以来、4年ぶり3回目。
病院名を明らかにしたのは、「全国がん(成人病)センター協議会」に加盟し、
地域の中核を担う31病院のうち28病院で、
前回より9病院増えた。

生存率は、進行したがん患者を多く診るほど下がるなど、
単純に治療の優劣を示すものではない。
研究班は、参考情報の一つと捉えてほしいとしている。

病院ごとの差が最も大きいのは肺がんの33.3ポイントだが、
肺がんは進行が早く生存率が急落するため、進行患者の割合に
影響されているとみられる。差が最小だったのは、
全体的に治療成績の良い乳がんの9.2ポイント。

研究班は、2001~03年の同協議会のデータ約10万件を分析。
90%以上の患者の生死を追跡できているなど、
条件を満たしたものを公表した。早期の1期患者と進行した
4期患者の比「1期/4期比」は、数字が小さいほど進行患者の
割合が高いことを示す。

各地の病院が独自に公表している数字は、
外科手術の生存率のみで、手術ができない進行患者の情報を
含まないなど、生存率が高く出る傾向があるという。

研究班は、これまでに集めた24万件のデータを基に、
30種類以上のがんについて、年齢や性別、進行度を
入力すると、5年後までの平均的な生存率が分かる
システムも新たに公開した。

病院ごとの生存率、新システムはともに同協議会のホームページ
から見ることができる。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP