癌手術のテクニック

スポンサードリンク

癌手術について調べてみました。

Q:大腸癌、手術が2カ月先ですが、妥当なのでしょうか?大腸癌と診断されました。今年の春に健診で陽性、再検査で内視鏡をやり、発見されました。大病院を紹介され受診したら、手術は早くても1カ月半~2カ月先になるといわれました。年齢は37歳。癌の大きさは約2センチですが、内視鏡では取りきれないだろうとのことで、手術のようです。これから手術のための検査で詳しく治療方針を決めるらしく、次の診察が2週間後です。その時に手術予約をする、とのことです。これではさらに遅くなるのでは・・・と不安がよぎります。大腸癌との手術で2カ月先というのは、普通のことなのでしょうか?それとも、この病院が混んでいるため遅くなるのでしょうか?また、2カ月もこのまま置いておいて大丈夫なのでしょうか?その間に進行したり、転移などは考えられないのですか?今の段階では、転移や癌の深さなどわからないので、ステージもわかりません。もし、普通はもう少し早く手術をするのであれば、他の病院で、ということも考えています。年齢も30代だし、健診の春の段階ではすでに癌があったわけですし、一日でも早く手術をしたいです。
A:だいたいさ、春の検査で陽性とひっかかってるのに、今、夏だよ!!今頃、手術してなくちゃ、転移したら大変なのに、遅い!!!!!これから二ヶ月もほっといたら 転移はするわ、進行はするわ、悪いことだらけですあなたは若いから 進行が速いですよ病院を変えないと ガンに負けるかも知れません 厳しいことを言うようですが
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP