金子哲雄の病気は肺がん

スポンサードリンク

金子哲雄の病気は肺がん。

「『値切り』のマジック」などの著書で知られ、テレビなどで活躍した流通ジャーナリスト・金子哲雄さんが2日午前1時18分、都内の病院で亡くなった。41歳だった。

金子さんは1年半前に悪性腫瘍のひとつである肺カルチノイドに侵されていることが判明。闘病生活を送っており、病気を隠して仕事を続けてきた。最近では見た目に分かるほど、激やせしたが、周囲には病気を隠し、「ダイエットに成功した」と説明していた。

肺カルチノイドは悪性に分類される肺がんだが、進行は極めて遅く、早期発見、治療で治癒する可能性が高いとされる。

肺カルチノイドとは
低悪性度の肺がんで、主気管支に発生するものと末梢の肺に発生するものがあります。
その頻度は、4割弱は 末梢に発生し、6割は主気管支に発生します。
末梢性に発生した場合は無症状であることが多いですが、
主気管支に発生したものでは、腫瘍の末梢の肺が虚脱に陥り閉塞性肺炎をおこすことがあり、また、喘息様症状を呈することもあります。

カルチノイドとは、神経内分泌細胞への分化を示す腫瘍のひとつである。
小腸や大腸などの消化管や肺の気管支などの神経内分泌細胞が常在している粘膜内に発生することが多いが、膵臓、肝臓、腎臓、精巣、卵巣、胸腺、乳腺、前立腺など腺細胞が分布する臓器にもまれに発生します。

肺カルチノイドの発症年齢には、ばらつきがあり、部位差はありますが、
平均的に50歳前後といわれています。 進行すれば胸水が溜まることもあります。

肺カルチノイドの治療は、肺がんに準じた治療が一般的です。
私的には病院の治療だけに頼らず、積極的な治療・対策をしたほうが進行を抑制できると考えています。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP