癌 放射線治療の最新価格

スポンサードリンク

癌 放射線治療がちょっと気になっています。

Q:乳がんを患っている姑の事です。ガンの大きさは約4センチ脇のリンパ節にも29個の転移があり、(手術済みです)鎖骨上部にも数ミリの転移があります。ガンの種類は「硬癌」、レベルは3で、再発・転移の危険度が高いとの事でした。(今現在は他の臓器への転移はありません)治療方法としては、乳がんに有効とされているハーセプチン等の治療方法が陰性の為、放射線治療と抗がん剤の投与のみになるようですが、抗がん剤も高齢の為飲み薬の弱い物しか使えないようです。このような場合、今後再発・転移は避けられないのでしょうか?
A:可能性は十分にあるとしか言えません。経過観察を行いながら対処していくしかありませんね。まあ、このような質問をするとやれ免疫強化だの代替療法だのといった有象無象がわき出てくることが多いです。良かれと思ってやったことが単なる銭失いならまだマシな方で、体力の衰えかけている姑さん健康を反って損なうといった結果になり下手をすれば過失傷害といった可能性すらあります。この辺は質問者さんの自由ですから別に止めはしませんが何事を行うにも主治医と相談してからというのがお勧めです。正直、業者宣伝用の釣り質問と疑っているくらいです。それくらいこの質問ってその手の回答を導くための類型的なものなんですよね。補足後繰り返しになりますが「運」です。お年的に少なくとも高齢者と言える年齢かと思いますので再発しなければ徐々に体が弱っていくというのは通常のことです。再発すれば適切な治療というのも当然のことになります。覚悟というかそのような考えは持たない方がいいでしょう。日常の流れのままに過ごされきちんと検診を受けていくしかありません。正直、悪い意味での覚悟などもつと過大なストレスで本人のみならず姑さんまで余計な気苦労になりかねません。先のことなど神様しかわからないのですからあまり気にしないことです。確実なことは人間はいずれ何かで死ぬんです。楽天的に過ごしていざ見つかったら医師を信頼して治療を受けるくらいに考えておかないと身がもちません。そして暮らしている以上は悪いことばかりでもないでしょう。お孫さんがいるならその成長も喜びになるはずです。努めて気にしない、が最善だと思いますよ。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP