大腸癌の特徴を2つほどあげてみる

スポンサードリンク

こんにちは、今日は大腸癌についてです。

Q:潰瘍性大腸炎か細菌性大腸炎の疑いをかけられている妊娠6ヶ月の妊婦です。昨日から粘膜便に血が混じって腹痛もあったので今日、消化器内科を受診しました。お尻を見てもらった結果、たぶん直腸の辺りから出血してると思うが、妊婦なので内視鏡は避けたいと言われ整腸剤だけ処方されました。やはり妊婦だと潰瘍性大腸炎と診断するのは難しいのですか?それとお医者さんからは内視鏡をするなら産後と言われたのですが、もし潰瘍性大腸炎だった場合産後に内視鏡でも大丈夫なのでしょうか?産後まで待ってて悪化して大腸癌になったりしないのでしょうか?色々考えてると不安に押し潰されそうです…。
A:潰瘍性大腸炎歴20年以上の患者です。重症度にもよりますが、書かれている内容から想像するとそう酷くは無さそうに見えます。潰瘍性大腸炎でも感染性の腸炎でも、今の状況で怖いのは極端な下痢による脱水か出血(下血)による貧血ですが、そこまで悪くは無さそうなので出産まで様子を見るという医師の判断で正しいと思います。潰瘍性大腸炎やそれに似た症状の病気はいくつかありますが、やはり内視鏡で見ないと判断出来ませんし、病気によっては全く逆の効果の薬を使うので、「試しに処方してみる」訳にもいきません。それに、自己免疫性の腸炎(潰瘍性大腸炎はその一例です)は妊娠時に悪化する事が多いです。 逆に言うと出産したら良くなってしまうことも多いですから、その点からも様子見で良いでしょう。また、この病気は簡単にがん化はしません。発病後20年位したらがんの心配をすれば良い位で、その頃には普通でもがんの好発年齢になっている人が多いです。日常生活に困る位の下痢や下血が無ければ、赤ちゃんの顔を見るまで安心していてよいですよ。産まれたら、赤ちゃんに夢中で自分の腸も自分の病気の事を忘れちゃうかもしれませんし(^_-)補足拝見しました==========妊娠されていると言う事は年齢的に癌の可能性かなり低いでしょう。大腸癌で顕著な出血と言う事は癌だとかなり進んだ状態で、そうなると他の症状も出ますから医師なら見逃しません。癌の疑いが少しでもあれば無理にでも検査します。 リスクを侵して検査する程の事は無いと診られている訳です。それに、大腸癌で粘膜や粘液が出る事はあまり考えられません。 これは潰瘍の患部から出るものですから。ココで診察できる訳でもありませんが、癌を始めとした重病の心配は無いと判断されているので安心されて良いと思いますよ。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP