癌治療の最新格安情報

スポンサードリンク

癌治療について調べてみました。

Q:癌治療とお金癌治療、特に化学療法の医療費が払えず、治療を諦める人が増加しているというのは本当ですか?行政は助けてくれないのでしょうか?助けないのは、憲法違反になりませんか?
A:日本国憲法には「国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利がある」と記されていますが、それにかかる費用を政府、地方自治体が負担するとはどこにもかかれていません。一方、医療扶助のために政府が財政援助する健康保険システムがあり、国際的にはかなり低価格で医療を受けられます。医療スタッフの質も免許制度により一定以上が保証されており、きちんと費用負担すればそれなりの医療が受けられます。公衆衛生的にも食品衛生、労働衛生などの取り締まり、検診の実施など病気になり難い社会に向けての努力がされています。低所得者に対する免税や負担減免制度もあり、政府は「健康で文化的な最低限度の生活」を送れる社会をきちんと実現しているといえます。これだけ低所得者に優しいシステムの中で費用が払えないのだとしたら、労働という憲法に定められた義務を果たしていないときくらいしか考えられないのではないでしょうか。義務を果たしていなかったら権利を行使できないのは仕方ないですね。社会の不公平(不平等ではありません)はなくすべきと思いますが低所得だからと言って無条件に平均所得者と同じ医療が受けられるという社会には「悪しき平等による不公平」を感じざるを得ません。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP