西洋医学癌治療の限界

スポンサードリンク

西洋医学癌治療の限界

西洋医学癌治療の方法として、大きく2つあります。

●局所療法と全身療法

●局所療法

  • 手術
  • 放射線療法

●全身療法

  • 抗がん剤療法
  • ホルモン剤療法
  • 温熱療法
  • 凍結療法

一般的な治療(三大療法)

  • 手術
  • 放射線療法
  • 抗がん剤療法

癌になった場合、早期なら手術、手術が不可能な場合は放射線療法、抗がん剤療法があります。これらの治療は、どこの病院でも行われいる治療方法です。実は、西洋医学の癌検査で発見できる癌の大きさは約1センチからです。その1センチの大きさの癌ができるまで、10年かかると言われています。
癌の早期発見、癌の早期治療は、癌が10年間で1センチほどの1つの塊になる前に既に全身に小さな癌が回っている可能性がありますので、早期発見で見つかった1センチほどの癌の塊を手術して取り除いたり、放射線で焼き殺したりしたとしても、微量の癌を全て取り除くは不可能に近いです。
取り除くことが不可能なので、いつかは必ず再発します。
こういう事実を元に考えてみると、手術や放射線治療、抗がん剤で癌を完全に取り除くは、不可能なのです。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP