癌 放射線治療の新着人気

スポンサードリンク

癌 放射線治療がちょっと気になっています。

Q:儀父母が癌になり、放射線治療などをし、今は経過観察の状態ですが、手紙の書き方などどのように書けばと悩んでいます。儀父母はとても常識を重んじ、文章の書き方、言葉の使い方、他色々と細かなことを言われ続け、疎遠になっていました。昨年に、電話などで話しましたが、それっきりで、病気の事も、主人の携帯に連絡し状況を知らせると言った感じで。帰省も、放射能も心配だから、主人だけ帰省するようにと主人に話しているそうで、子供もまだ低学年なので、心配してのことと思いますが、主人曰く、会いたくないから口実だと言われ、それでも、手紙や品物など贈ろうと言う気持ちはあるのですが、何か送るたび、どんな意味、こんなにもらっつても、一回でありがとうと言われたことがなく、手紙も、縦書き、横書きから始まって、今回も、癌になってから、周りから色々言われたくないので、私には電話をしないようにと主人に話していたので、手紙も今まで以上に気を使い、どのように書けば、と悩んでいます。義母は腫瘍はあるものの、何もせず、様子見で、義父は初期で、放射線治療を終え、経過観察とのことです。良きアドバイスをお願いします。
A:ご主人から「○○も心配している」と伝えてもらうだけで良いと思います。貴女からの電話もしないようにと言うくらいですから手紙をもらっても嫌味を言うことはあってもありがとうは言わないでしょう。結局はご主人だけに来てもらいたい話をしたいと言うこともはっきり言っている様なので、義両親さんが亡くなるまでは何もしないのが良いと思います。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP