癌治療についての関連情報

スポンサードリンク

癌治療のことがなんとなく気になりませんか?

Q:癌治療中の腹水について。父が、今月10日から腹水が溜まり入院しています。最初は2リットル、3日後に2.5リットル、その後も腹水が溜まり、パジャマに漏れだしたりしているようです。最近では23日に腹水を抜き取ったらしいです。母が言うには、「きのう○○に行ってきた…」などと行ってもいない(行けるわけもない)場所に行った、と話したりしているそうです。(走馬灯のように、ストーリーが出来ているそうです)母は、大分落ち着いてるよ…とは言いますが…。父に、これから回復の兆しはあるのでしょうか。実家から離れているので、お見舞にも行けません。とっても心配だし、不安です。乱文ですいません。お知恵を拝借できれば、と思います。宜しくお願い致します。
A:父ががん患者(故人)でした。現在は抗がん剤などの治療は行っておられるのでしょうか。それとも緩和治療でしょうか。緩和治療であれば、医療用モルヒネを使用している可能性があります。(麻薬のイメージが強いですが、依存することはありません)医療用モルヒネを使用すると、せん妄(妄想・幻覚)が起こります。話の筋は通っていても、まったく意味のわからないことを言い出したりします。また、眠っている時間が増えます。緩和治療中であれば回復は見込めません。ただ、がんによる痛みは感じないはずですので、見た目では穏やかな状態だと思います。意識のきちんとしているうちに、ぜひお見舞いにいってください。一日でも長くお父様が生きられるように願っております。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP