癌 放射線治療のテクニック

スポンサードリンク

癌 放射線治療のことがなんとなく気になりませんか?

Q:jupitarさんへ(後記1)(後記) 一日経ちました。そして気付きましたが、美容整形の外科個人病院はこれから隆盛してゆくのでした。ただ、一般の外科系の病院は公的病院しか存続し得ないのでした。 癌になって切り刻まれ、地獄の苦しみを受けて死ぬよりも、安らかに死ぬ方を選ぶべきです。その矛盾が今、一番現れているのが中国です。中国では親戚中から借金をしまくって手術を受けさせ、そして苦しんで死んで行っています。中国は「死んだら全て終わり」と思っている人が大部分を占めているようです。その点、ヨーロッパでは癌の手術はあまり行われていないはずです。ヨーロッパは信仰深い人、「死後の世界の存在を信じている人」が多いからです。 また、癌の早期発見が行われているのは日本だけであると記憶しています。早期発見したところで癌が治るでしょうか? 身体を切り刻まれて、苦しんで死ぬだけです。 癌とは放っておけば治るのではないか、と考える私です。放射線治療や抗癌剤、そして極めつけは外科手術、ちょっと間違っていると考えるのは私だけではないと思います。 医療経済に支配されていると考えるのは私だけではないと思います。>>世界の長寿地帯では医療は存在せず、自然とともに安らかに死んで行っています。自然とともに死ぬのが本来の姿ではないでしょうか?<< 医療経済、金儲け主義、不要な延命主義に支配されている先進国と思えます。無知の悲しみと言えるでしょう。 インフルエンザの治療薬であるタミフル類が使用されているのも日本だけのはずです。欧米では風邪をひいたら家で安静に寝ていることという考えが浸透しています。日本のように風邪を引いたからと行って、病院に行って注射を打つということは無知の極みですが、日本人は無知なのでしょう、風邪を引いたから病院へ行って待合室で何時間も待って、そして肺炎と成って死んでいった人を幾人も経験しました。ーーーーーこれをどう思いますか?http://sky.geocities.jp/mifune008/創価学会内部改革派あらため日蓮正宗法華講三船小仏爺、死の床より薄れゆく意識の中よりリコブーこと欲求不満リコ
A:三船先生、こんにちは。エホバの証人については、全然知識がなかったので、しばらくこちらへの投稿を控えていました。私の伯母は二人いましたが、二人ともガンです。年上の姉は様々の治療をしました。ホルモン療法、抗がん剤、外科手術、放射線、電気メスによる焼き切り、肝臓動脈注射などです。自分の夫と息子のために、どうしても生きたい、と思い、医師の宣告より六ヶ月寿命が延びました。頑張った分、夫、息子のために長く生きられましたが、苦しみも余計にありました。学会員の伯母は、それほど悪性ではなく、いつも元気いっぱいで祖母を虐めています。私には、父が米国によく行き、台湾に親戚がいるので、いろいろなお話を伺います。中国人と台湾人の考え方は全然違いますね。他の外国の方と同じように若く見せ、病院通いもしますが、中には、年をとったら年を誤魔化すのではなく、それなりに上品に見せ、ガンになったら、ガンの進行を遅くする薬だけ使い、富貴在天 生死有命と言って、神(佛)お決めになるとおり、と覚悟しています。自分の将来を神佛に託すという考え方は、大変参考になります。だいたい、世の中は自分の思ったとおりには決してなりませんから。じたばたせず、神佛と一緒に暮らし、自分の思うままにならないことがらは、そのまま受け入れる。灰は、薪には戻りません。薪は樹木にはなりません。自分の思うように、物事が進め、と考えるのは非宗教的態度、苦しみを二倍三倍にもする考え方なのですね。私もいつ死ぬか分かりませんが、その時には神佛に従います。秋になれば、木の葉が落ちます。決して北風をうらんだりしないのです。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP