抗体製剤の分子標的薬の5つの機能

スポンサードリンク

①シグナル伝達阻害
がん細胞内外で増殖シグナルを阻む作用。
HER1やHER2といったタンパク質の分子が多くあり、
これらを標的にしたもの

・HER1
上皮成長因子受容体。一部の細胞の表面にみられる蛋白で、上皮成長因子が結合すると細胞分裂が引き起こされるもの。この蛋白は多くの種類のがん細胞の表面で異常に多量に認められるため、このようながん細胞は上皮成長因子の存在下で過剰に分裂する可能性がある。「epidermal growth factor receptor(上皮成長因子受容体)」、「egfr」、「erbb1」とも呼ばれる。

・HER2
HER2は、human epidermal growth factor receptor type2の略語で、細胞の生産にかかわるヒト上皮細胞増殖因子受容体とよく似た構造をもつ遺伝子タンパクです。HER2タンパクは、正常な細胞にもわずかに存在し、細胞の増殖調節機能を担っていると考えられていますが、過剰に発現したり活性化したりして細胞の増殖や悪性化に関わるとされています。


②補体依存性細胞障害作用
抗体が抗原と結合すると、補体が活性化し、抗体の働きを補う

③抗体依存性細胞障害作用
抗体ががん細胞に免疫細胞を呼び寄せ、攻撃させる

④細胞死の誘導
あらかじめプログラムされた細胞死のこと。植物の落ち葉、胎児の指の形成、ガン細胞の死滅など。
無関係に見えるこれらの現象に共通しているのが、細胞が自滅するように死んでしまうアポトーシスだ。生命が生きるためには、死んでもらわなければいけない細胞がある。例えば、ウイルスに感染した細胞、ガン細胞、自己の対する抗体を持ってしまった細胞などを、そのまま放置すると、逆に我々の生命が危うくなる。このような細胞は、自らプログラムを起動し、自滅し、他に被害を及ぼさないようにする。

⑤免疫の賦活
抑制されているがん細胞への免疫の働きを活性化させる

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP