癌治療の誕生の秘密

スポンサードリンク

癌治療について調べてみました。

Q:質問良いですか?癌ワクチンのある番組を見ましたが 日本では① 癌ワクチンは臨床試験の段階ですか?②肝臓か膵臓のどちらかのワクチンのみですか?③現状国内で病院によっては②の解答の癌ワクチンの臨床試験してますか?③個の質問をしましたが、癌患者さんの治療の選択肢の一つとして選べれる時は今はまだその時では無いけど、充分に説明を受け それでもやってほしいと言う方もいるんじゃないかな。うまく 話せず 駄文なのですが。研究者 製薬会社病院の先生の方々へ お願いと切望です。今 癌治療している患者さんにもう一つ選択肢は増やせませんか?今 明日にでも。 最後に駄文&乱文すいません。私情はやめておこう。読んで頂きありがとうございました。
A:①はい、臨床試験段階です②基本的に癌細胞固有の蛋白質を標的にしているので、理論的には殆どの癌に効くと思いますが、現実として効果測定されているのは、肺、口腔、食道、胃、膵臓、肝臓、胆道、大腸、膀胱、脳、骨髄、前立腺、乳房、卵巣などのようです。こうしてみると、意外に、だいぶ、ありますね。また、二月には阪大で白血病も行われる、という発表があったようですね。③下記アドレスに詳しいです。http://www.m-clinic.jp/gannwakuchinn.htm選択肢を増やすのはよいことです。但し、イレッサ訴訟に学んで頂きたい。つまり、あなたも充分な説明、と書いておられますが、国も製薬会社も責任持って情報を公開し、医師はきちんとリスク(判明しているリスクと、未判明故のリスクと)を説明する。それを元に患者自身が選択する。そして、患者自身も賢くなる必要があると思います。ワクチンや治療法を勉強しろ、というわけではないです。医師の説明を聞いた上で、自分自身で責任持って選択する(場合によっては、信頼する医師に全てを任せる、というのも一つの選択肢)、選択できるようになるべきです。リスクについての説明を聞いた上で選択したなら、その選択には責任を持つ。これは癌の治療だけに限ったことではないですがね。アカウンタビリティ(説明責任)という言葉が最近よく使われますが、それに対応して説明を受けた側も選択責任をある程度持つべきでしょう。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP