癌手術がヒットする理由

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌手術についてです。

Q:田中好子(スーちゃん)が乳癌で亡くなってから1年が過ぎました。彼女も癌発症から19年と長い月日病気と戦っていましたね・・・。10年も過ぎれば完治したものと思いがちですが、やはり『癌』になると完治は有り得ないのでしょうか?・・・とすると、随分前に直腸癌手術をされた渡哲也さん(現在もお元気そうですが・・・)も『完治』しているとは言えないのでしょうか?
A:5年生存を超えて完治とされたりもしますが、再発のリスクも残ってはいます。それと完全に治ったとしても、もともと体質的に癌が出来易い人は新たに別なところに別の癌も発生したりもします。部位が近かったりすると再発なのか新たな癌なのかわからない事もあります。せっかく転移もなく完治しても新たに出来てしまって長い闘病をしてる方もいます。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP