癌 放射線治療の最新価格

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌 放射線治療についてです。

Q:【転移性の脳腫瘍】家族が脳腫瘍で手術を控えています。去年の2月に腎臓癌の手術をしました。癌が肺にも転移していたのですが、そこは手術では取り除かず(取り除けず?)週に3回自分で注射を打って癌の進行を抑えていました。その後、夏に脳腫瘍が見つかり、それから月に1回のペースで手術→再発→手術を繰り返しています。。既に4回ほど頭を切って手術をしていたため、これ以上は切れないという事で再発していても放射線治療で対処してきました。放射線治療もだいたいいいだろうという事で最近退院したのですが、その後倒れてしまいまた再入院。数日後に手術を控えているのですが、ここ2,3日の間で右半身が動かなくなってきているそうです。転移性の脳腫瘍は完全に取り除く事は難しいと聞いていますが、それにしても1か月に1回のペースというのが気になります。家族として何ができるのか。。日々悩んでいます。(数日後の手術には立ち合い予定ですが、私は家族と離れているため近況を家族から聞くしかできていません。)ほかにも、何度も再発・手術を繰り返している方はいますか?今更・・・というのもありますが、病院を変えることも視野に入れた方がよいのでしょうか?答えはないのかもしれませんが、家族として何ができるのか、知恵をお貸しください。
A:1か月に1回のペースで手術とされていますが、どこの部位に対しての手術をされているのでしょうか。既に4回ほど頭を切ってということですから、全て転移性脳腫瘍に対する手術なのでしょうか。だとすれば、すごい経過を辿っていますね。腎癌であれば、転移をしていても全身状態が良く、手術的に切除できるのであれば手術で摘除する。というのが標準的な治療になります。すべてが脳転移に対する手術であったのであれば、それぞれが離れた場所にあったということは考えられないのでしょうか?週3回の自己注射であれば、インターフェロン治療をされていたのでしょうか。術後にすぐインターフェロンであれば肺にしか転移がなかった状態だったのでしょうね。病院に変えるというのであれば、まずはセカンドオピニオンされてみてはいかがでしょうか。このように文面を見るだけではもちろんわかりませんし、実際のCTを見た上で治療の経過がおかしいとか、問題ないとか判断されるべきです。セカンドオピニオンはいつでも良いと思いますよ。病状が落ち着いている段階で看護師あるいは担当医に相談してみてはいかがでしょうか。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP