癌 放射線治療の最新情報

スポンサードリンク

癌 放射線治療がちょっと気になっています。

Q:癌性髄膜炎の余命について現在母は79歳です。76歳の時に小細胞肺がんと診断され抗がん剤治療と肺への放射線治療でマーカーも正常値になり退院。その後一昨年暮れに脳転移が見つかりガンマナイフ治療したものの去年11月に再発し外科手術+放射線の全脳照射をしました。手術後マーカーも正常値になり再び退院。そそてこの4月の定期検診で「癌性髄膜炎」と診断されました。ホスピスへの入院jを薦められましたが母の意志を尊重し自宅看護をきめました。症状は倦怠感と眠気(やたら寝ている)足腰の痛み(もとから整形外科に通っていた)がひどくなり歩行時のふらつきなどが出てきました。食欲は無いものの三度の食事は少量ながら取っています。主治医の先生は余命半年くらいとおっしゃいましたがネットでで調べると数週間単位で亡くなっている方も多く不安です。半年という言葉を信じていいのでしょうか・・・
A:ご心痛お察し致します。私も癌性髄膜炎で親を亡くしましたので当時色々調べたのですがネットでは人それぞれ進行状況は様々なのが当然ですので分からないですよね、主治医がおっしゃるのが一番信用性はあると思います。年齢も関係してきますので若い方は早いでしょうし。うちの場合は三ヶ月と言われ、本人の意思通り自宅で最期まで過ごし半年頑張ってくれました。個人的に思うのは余命宣告する時に医師はどちらかと言えば最短な余命を言う場合が多いようです。これからご自宅で過ごされるとの事なので後悔のないよう一緒に時間をお過ごし下さいね。余談ですが在宅看取りは、本当に心身ともにギリギリのところまで家族はなりますが、本人様にとっても家族にとってもこの上ない貴重な時間を過ごせます。私は自宅看取りにして本当に良かったと心から思っています。どうかご自身もご自愛されて下さい。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP