癌手術で生き延びる方法

スポンサードリンク

癌手術について調べてみました。

Q:癌手術後の合併症による腎瘻患者は身体障害者に認定されないのでしょうか?私は子宮頸癌の手術の後、合併症(尿管の癒着)の為、現在、左尿管にはステントを挿入し、自然排尿・右は腎瘻を造設し蓄尿バッグを使用しています。 主管である婦人科から身体障害者の認定手続きをするようアドバイスがあり、泌尿器科の主治医に診断書を依頼した所、合併症での認定は無理だとのことでした。 しかし、私は腎臓からカテーテルを通って蓄尿バッグへ尿路変更しているので、膀胱癌による尿路変更での腎瘻造設者となんら変わらないと思います。合併症では認定されないというのは納得がいきません。 お詳しい方に是非回答を頂きたいです。
A:身障の手続きに理由は関係ありません。同じ病院で意見が分かれるという事はめったにありませんが、婦人科から紹介状をもらい、障害認定医のいる他の病院に転院なさる事をお勧めいたします。ただ、最善にメンテナンスされているので、あまり、高い等級は望めません。また、等級を決めるのは国ですので、等級を決めるのは認定では無く、東京23区でしたら、新宿区戸山にあるセンターになります。2級以上でないとあまり、各種の恩恵にあずかれません。どのような結果が出てくるか分かりませんが、一度お出しになってみてくださいませ。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP