癌手術のマニュアル

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌手術についてです。

Q:直腸癌手術から2カ月。便秘のため下剤一日おきに飲み続けていて大丈夫?私の父が2か月前に直腸癌手術を受けました。ポリープとガン細胞の2か所切除しました。手術から1週間後、腸閉塞のため再手術し小腸のねじれた部分を一部切除しました。入院中から自力排便できず、下剤を飲んでいました。2か月経った今も一日おきに下剤を飲み、飲んだ日は15回の排便で苦しんでいます。下剤を飲まないと一向に排便できないそうです。ずっと下剤に頼っていると自力排便ができなくなるのではないでしょうか?普通はどのくらいで下剤を頼らなくなるものなのでしょうか?また排便回数が多いため痔の方も心配しています。何かいい予防法はありますか?
A:多くのご高齢の方が同じような排便困難の悩みをお持ちです。確かに下剤を常用するとますます大脳−胃腸管排便反射機能は低下し自力排便がだんだん困難になって行きます。下剤を使用しないで毎日無理なくスッキリ排便でき、固い便で擦られてできた腸壁皮膚の擦り傷(切れ痔)もきれいにして自然に痔疾も解消する方法としてぬるま湯を使うやり方があります。浣腸の要領でぬるま湯を注水し腸壁をお水で湿らせて滑りやすくし固い便を軟らかい水様便にして軽く息んで排便、これを2〜3回繰返し腸内と切れ痔炎症部位をきれいにします。ぬるま湯ですから安全で副作用もないので体への負担もかかりません。注水ー軽く息んで排泄の繰返しで自力排便の感覚を取り戻していきます。”自力排便回復法(絶対排便力ぬるま湯法)” ”切れ痔 いぼ痔” ”大腸の奥まで洗浄” ”便秘薬” ”1日を快適に過ごすために” などが「便秘解消療法の目安」(検索)サイト内に解説してありますから読んで参考にして下さい。お大事に。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP