癌 放射線治療についての記事紹介

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌 放射線治療についてです。

Q:上顎洞癌での通常の放射線治療後からサイバーナイフ治療へ義父が上顎洞癌になり、8月末まで市民病院に入院していました。治療方法はカテーテルによる抗癌剤投与と放射線治療を行いました。放射線治療ですが、病院の投射規定回数に達し、抗癌剤投与による治療で癌がかなり小さくなったので退院しました。退院後、1が月を過ぎた辺りで体調が急変し、診察をした所、電解質異常が見られ、MRIを撮影したら、癌が元の状態に戻り、目の奥と脳まで進行し、首のリンパまで転移している状態でした。市民病院では手術が出来ないと言われたので、ネットで調べて見るとサイバーナイフ治療が上顎洞癌に効果がある事がわかりました。質問なのですが、通常の放射線治療で規定回数に達した状態で、放射線治療の一種でもあるサイバーナイフ治療は可能なのでしょうか? よろしくお願いします。
A:腫瘍内科医です。一次治療で根治線量を照射しているなら再照射は極めて難しいです。皮膚や眼球、視神経などに限界まで放射線が当たっているので基本的には放射線治療は選択肢になりません。可能性があるとしたらIMRT(強度変調放射線療法)ですが脳まで達しているのであれば治療を行っても延命につながる可能性は低く、合併症のリスクの方が増すため、基本的には行わない事になると推測します。脳に癌が浸潤しているなら基本的に治癒は困難と思います。根治切除も基本的には不可能です。全身状態が良ければ全身化学療法、化学療法の効果がなくなった、または全身状態が不良になったら緩和ケア、という戦略になると思います。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP