癌手術の3つのポイント

スポンサードリンク

癌手術について調べてみました。

Q:家族のことです。大腸癌手術後1年半が経過しています。今回、術後癒着性腸閉塞になりました。今入院治療中で、手術はしなくても良くなりそうです。1年半前の癌では腸に穴があいており、腹膜はん種になる可能性をいわれています。調べてみたら、腸閉塞を合併することが多いこと、開腹してはじめて気付く事が多いことなど書かれていました。今回の腸閉塞も、再発によるものの可能性はありますか?あるとしたら、判別する検査や方法など教えてください。現在主治医のいない病院で治療中で、退院後、主治医の先生に腸閉塞で入院したことは伝えておいてねと言われているだけだそうです。よろしくお願いします。
A:腹膜播種の再発による腸閉塞では、ふつう腸閉塞自体が治りません。腸閉塞が現在治ってきているなら癒着が原因の可能性が高いです。腹膜播種は確かにわかりずらいこともありますが、CTや腫瘍マーカーでわかることがあるので、退院後に大腸がんをみてもらっている病院でまた検査してもらってください。お大事に。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP