癌 放射線治療には困らない

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌 放射線治療についてです。

Q:3月の上旬、64歳の父親が食道癌のステージ4と診断されました。これから検査をして、癌が気管に入っていたら放射線治療はできず抗がん剤の延命治療になります。私の自宅から病院までは3時間程離れていて仕事もしているので頻回には通えませんが、出来る範囲で通おうとは思っています。娘として、父親に出来ることは何か?アドバイスいただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。
A:普段は明るくなるべくふるまう事。お父さんが「こうしてほしい」とおっしゃる事に、出来る範囲でいいのでなるべく応えてあげる事です。迷ったら看護婦さんやお母さんに聞くといいです。しょっちゅうお父さんを見ている方が、多分あなたの問いに一番確実に答えてくれるでしょう。あとはお母さんを気遣ってあげて下さいね。私の父が脳内出血で危篤になった時に、知人の方が「人は病で亡くなるんじゃないよ。寿命で亡くなるんだよ」と言ってくれました。絶体絶命でも生き続ける人もいますし、反対に可能性のある病でもあっけなく亡くなる方もいます。もし辛い時は「このまま明日亡くなるかもしれない、苦しみ続けるかもしれない…。でもそれは確実じゃない。お父さんの体が楽になる時もあるかもしれないと思って頑張ろう」、と自分を励ましてあげて下さい。自分が出来る事の精一杯を行って下さいね。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP