癌手術のマメ知識

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌手術についてです。

Q:癌手術をして体調が完全に安定するまでどれぐらいの日数が掛かりますか?。
A:癌手術後の回復についてですね。大変漠然とした質問ですから、回答しにくいですが・・・①まず、手術の規模によります。一口に「癌手術」といっても色々な程度があります。例えば胃癌について言えば・内視鏡による粘膜切除・胃部分切除・幽門側切除・噴門側切除・胃全摘大雑把に言ってもこれだけのレパートリーがあり、それぞれによって回復の日数は異なります。②切除臓器によっても違います。乳癌や甲状腺癌は翌日から歩けますし、食事も食べられます。膵臓癌の手術は比較的大きな手術で、食事開始までに数日~1週間、安定するまでに数ヵ月を要します。③患者さんの体力・年齢・栄養状態にも左右されます。基礎疾患(心疾患・COPD・糖尿病の有無など)によっても違ってきます。「体調が完全に安定する」ということが何を意味しているかビミョーですが、そもそも癌の手術は「体の一部を失う」手術です。胃を切れば、胃は伸びても生えてもきません。生涯、その小さい胃袋と付き合って行かなくてはなりません。命と引き替えに体のある部分を切除するのが癌の手術なのです。直腸や肛門に癌ができた場合、そこを切除する代わりに人工肛門を作ります。「自分の肛門から便を出す」ことを「完全に安定」することだとすれば、生涯安定することは無いわけです。(チョットひねくれた言い方ですが・・・)「ひとまず退院して、日常生活に復帰する」という意味で言えば1-2ヵ月といったところでしょう。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP