癌 放射線治療についての関連情報

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌 放射線治療についてです。

Q:80歳の父が、肺癌の非小細胞癌の線癌と診察され、ステージ4です。次の治療法を病院から言われてますが、妥当な治療でしょうか?放射線治療が月曜日から金曜日まで毎日で合計35回。一日目に抗がん剤点滴して抗がん剤の飲み薬を2週間して1週間休みを1セットとして3~4セット。この放射線と抗がん剤を一緒にします。 途中白血球が少なくなったり副作用が大きい時は放射線を中止することもあるので入院が2ヶ月前後。輸血が必要になることもあるし、リンパ節が腫れているのでそこに放射線を当てるそうですが、食道の近くなので 胸あげしたり 食道がやけどした状態になるので 物が食べれなくなる。抗がん剤の影響で、脱毛、吐き気、体力がなくなったりいろいろな副作用がある。
A:>>放射線治療が月曜日から金曜日まで毎日で合計35回。一日目に抗がん剤点滴して抗がん剤の飲み薬を2週間して1週間休みを1セットとして3~4セット。>>>この放射線と抗がん剤を一緒にします。 途中白血球が少なくなったり副作用が大きい時は放射線を中止することもあるので入院が2ヶ月前後。 80歳の高齢の人に正気の沙汰ではありません。抗がん剤などもってのほかです。死にますよ。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP