癌治療速報!

スポンサードリンク

癌治療のことがなんとなく気になりませんか?

Q:癌治療の発展について質問です。ここの「抗がん剤治療の主な副作用とその対応」 http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/gairaichemo/download.html に「がん診療は、ここ十数年の間に大きな変化を遂げています。その理由は、「医学の進歩」と「日本人の生き方の発展」だと思います。がん診療は、手術、抗がん剤、放射線治療、痛みの治療など、多くの分野で発展しています。また、日本人が自己決定権を強く意識してきたことが、がん治療を大幅に発展させています。」と書いてあります。どうしても理解出来ないのが、なぜ「自己決定権を強く意識する事が癌治療を大幅に発展」させているのか。どなたか分かる方はいますか?お願いします<m(__)m>
A:>「自己決定権を強く意識する事が癌治療を大幅に発展」この文章を書かれた方の意思は解りませんが、私は以下のように感じています。以前は、ご本人へがんとの告知の割合は大変低いものでした。(今でもご家族の強い希望でどうしても告知出来ない場合は有りますが…)現在は、事実を知る権利、自己決定権などが注目され、ご本人に告知することで、ご自身の意志により、ある程度は治療が選択され、そのことが治療を完遂させ、効果アップに繋がっている事を指しているのでは無いでしょうか?副作用がほぼ必発のがんの治療です。ご自身の治療に対する意志、意欲、理解がなければ、効果も逆に副作用の発見、対応も出来ません。以前は、告知はどうか?を気にしながら腰の引けた治療薬の説明を行っていましたが、今はかなり詳しい説明が出来ますし、ご本人から質問される事も多くなりました。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP