前立腺ガン 陽子線治療

スポンサードリンク

陽子線治療とは。

正常な細胞を傷つけない最新放射線治療の1つです。この治療は、手術に次ぐ第2の治療と言われる放射線治療で高い治療効果があります。

ガン治療に使われる放射線は、光子線と粒子線の2つがあり光子線とは放射線治療で使用されるエックス線やガンマ線。粒子線とは、水素や原子の原子核などの粒子の流れで医療用に陽子線や重粒子線があります。

エックス線やガンマ線の治療は、身体の表面近くで照射されるので体の深部へ入るほど線量は小さくなりますが、ガンの病巣だけでなくそのまわりの正常な細胞や組織まで傷つけてしまいます。

陽子線や重粒子線の治療は、ガンの病巣の位置で線量が大きくなり、ガンの病巣を突き抜けた瞬間、線量がゼロになる特性を持っているので、正常な細胞や組織のダメージが少ないのがメリットです。

 

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP