torigoe_gan

鳥越俊太郎さんのがん食事療法メニュー公開

スポンサードリンク

鳥越俊太郎さんのがん食事療法メニュー公開

鳥越俊太郎氏は福岡県うきは市吉井町出身で71歳。
肉体的にも精神的にも若くはありません。

そんな鳥越俊太郎氏は、4回、癌に侵されています。

2005年10月06日 直腸がん
2007年01月15日 左肺がん
2007年08月16日 右肺良性腫
2009年02月08日 肝臓がん

そんな鳥越俊太郎氏は癌治療のための食事は徹底しています。

<朝食>
・どんぶりいっぱいのヨーグルト
・蜂蜜を入れたスライスしたバナナ、
・クロワッサン
・ドリップコーヒー

<昼食>
なし

<夕食>
・酒は飲まない。キリンのフリー
・誘われれば、たまにはステーキも
・キャベツ、ブロッコリー、トマト、アボガドなどに
鶏肉のササミ(脂のないササミ)を混ぜたりサラダ。たまに、刺身、小魚、とろろなど。

<癌治療で食べてはいけないもの>
マグロだ。大きな魚は有機水銀を蓄積させています。
マグロはサバを食う。サバをアジを、アジは小魚を、小魚はプランクトンを、食物連鎖です。
最後にマグロが来きます。
炭水化物は避ける。

~週刊ポストより参照~

鳥越俊太郎氏のがん治療特集

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP