癌治療速報!

スポンサードリンク

癌治療について調べてみました。

Q:RNA干渉の技術は癌治療ですでに使用されているのでしょうか?
A:小規模な臨床試験は行われ、肝癌など、一部の癌の縮小に効果を示したという報告はありますが、臨床試験段階でしかありません(Alnylam Pharmaceuticalsという企業の薬で、"ALN-VSP" というものでの臨床試験です。アメリカで行われています)。新規で有用な治療方法として期待されており、各製薬企業も取り組んでいますし、基礎/応用研究も盛んに行われていますので、将来的に癌治療に広く使用されるようになる可能性はあります。いぜれにせよ、まだ癌治療法として確立しているわけではありません。
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP