チャーガと癌

スポンサードリンク

チャーガって知っていますか?
今の今まで、聞いたことの無い名前ですが。
チャーガとは、白樺の木に寄生するキノコの一種で、
ロシアの広大なシベリア原生林にだけ生えるそうです。
そのチャーガですが、古くからシベリアの人々のあいだでは
お茶がわりに日常的に飲まれているそうです。

そのチャーガですが
膵臓癌などの消化器系の癌に対して
有効性を発揮するそうです。

でも、そんなに癌に効くならニュースになっても
おかしくないですよね?

実際、私も知り合いで癌治療で「チャーガ」
を使用した人がいるのか年始に調べていました。
残念ながら、今治療中の人にはいなかったのですが
過去に使用していた人はいました。
その人は、もう亡くなってしまっていましたが、
その亡くなった方の家族にメールで連絡をすることが
できました。

膵臓癌の末期だったそうです。

もう、絶望的な状況の中、
家族の一人が知人伝いにチャーガの噂を聞いて、
本人にチャーガをすすめたらしいです。

医者も「何を飲んでも良い」ぐらいの状況でだったので、
チャーガを毎日朝と夜を2ヶ月続けたそうです。
すると、チャーガを始める前となんと食欲が出てきて
顔色もよくなっていったそうです。
当初、医者は余命3ヶ月と言われたそうですが、
7か月も生きたそうです。

これは、驚きです。
チャーガが癌を治す力があるとは。

その驚きの内容を聞いて、チャーガについていろいろな文献
を調べました。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP