食道癌治療の最新比較

スポンサードリンク

食道癌治療のことがなんとなく気になりませんか?

Q:母が食道癌治療拒否宣言をしました。2ヶ月程前に食道癌ステージ3(リンパ節転移)と宣告された母(69歳)が抗がん剤治療2クール後、一切の治療を拒むと言い出しました。よっぽど副作用が辛かった様で抗がん剤治療2週間後の今もほんの少ししか食事もとれず、家でも殆ど寝ている状態です。抗がん剤治療で体力を失った母は自信も失ったのか、最初は手術を前提に行った抗がん剤治療なのに、今は手術なんて絶対にしないと断言しております。入院していた病院の対応にも不満を持っている様で、あの病院へは二度と戻らないとも言っております。家族としては外科手術で根治治療出来ればと期待しておりましたが、本人が希望しない様で有るならば無理強いする事は出来ません。まだ2クール後の抗がん剤治療の結果も出ていないし、主治医にも治療を拒否するとは伝えていないのですが、このまま無治療で放っておいたら母の余生はどの位でどの様になっていくのでしょうか?母は旅行など好きな事をすると免疫が上がるから大丈夫と楽天的ですが、家族としてはやはり本人の意思を尊重すべきなのでしょうか?それとも前向きに治療に向かい合う様、説得すべきなのでしょうか?皆様のお知恵をお借りしたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
A:家族としては、辛い判断ですね。しかし、実際問題このまま無治療でいられるわけがありません。問題は、主治医との関係だと思います。今、使用している抗がん剤の副作用が強くて辛いのであれば、薬を変えてもらうなり、メンタルな部分であっても、なんでも相談できる主治医を探すべきだとおもうのですが・・・。まず、患者本人と家族がどのような治療を望むのか、辛い治療になっても根治治療を望むのか、副作用を少なくして余命を家族との生活を優先させるのか、治療方針をしっかり主治医に伝えるべきだとおもいます。最近の癌治療は、薬もさまざま、治療法も沢山あります。2クールの治療で諦めるべきでは、ないと思いますよ!私も現在、末期の母を看ていますが、なにより本人が信頼をおける先生に出会うまで、かなり時間がかかりました。家族としてできる事、まず病気を知る事。そして、どのような治療法があるのか薬があるのか、その治療法を得意としている先生を探しだしてセカンドオピニオンを受けてみるなど、情報を集めて本人を説得してみては、どうでしょうか?今の主治医に悪いという考えは、やめた方がいいですよ!あなたの母は、一人なのですから・・・。余命についても、統計的な情報でしかありません。辛いでしょうが、このまま無治療のまま過ごすわけにいかないのですから、よく家族で話し合われて治療をすすめられてくださいね。お気持ちお察しします、同じ癌患者を持つ家族として応援します。お互いあきらめず支えていきましょう~
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP