NK細胞療法の効果

スポンサードリンク

NK細胞療法は、手術が不可能な膵臓癌に有効との症例が既に報告されています。
NK細胞とは人が本来持っている免疫細胞の1つで、その細胞1つ1つが
体中を飛び回り単独で行動する唯一の免疫細胞です。
そのNK細胞療法の完治率は、どのくらいあるのでしょうか。

手術不可能な膵臓癌患者100人いた場合、NK細胞療法でどれくらい治るのでしょうか。
生存率は高いのでしょうか。

私の調査で、こんな口コミを見ました。
久留米大学病院では、膵臓癌の治療に相談にきた患者に
免疫療法を始めるにあたってリンパ球の数が少ない理由から
治療を開始せず2ヶ月間放置、その間に骨転移。
このような対応をする病院がいるなんて信じられませんでした。
患者は実験材料ではありませんよ。

話を戻しますが、
初期の癌ならばNK細胞療法も効果がありますが、
NK細胞療法も万能ではないようですね。
ある程度癌が進行してくるとNK細胞療法でも完治は難しいという傾向があります。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP