肉を多く食べると大腸がん

スポンサードリンク

肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことが、約8万人を対象にした約10年に
およぶ国立がん研究センターの追跡調査でわかった。

同センターが28日、発表した。牛や豚などの赤肉を食べると大腸がんのリスクが上がることは、
世界がん研究基金と米がん研究協会が報告していたが、
今回の大規模調査で日本についても裏付けられた。

岩手や長野、茨城、沖縄など9県在住の45~74歳の男女約8万人を対象に、
1995年から2006年まで追跡調査した。このうち大腸がんになった1145人(結腸がん788人、直腸がん357人)について
肉類の摂取量との関連を調べたところ、摂取量と結腸がんに関係がみられた。

男性は、肉類全体の摂取量が最も多いグループ(1日当たり約100グラム以上)のリスクが、
最も少ないグループ(同約35グラム未満)の1・44倍だった。

女性でも、赤肉(牛と豚肉)の摂取量最大のグループ(同約80グラム以上)が、
最少グループ(同約25グラム未満)の1・48倍に上った。
(読売新聞)

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ガンダムSEEDの脚本家 両澤千晶さんが、膵臓癌のため死去。アニメ「新世紀GPXサイバーフォ…
  2. ganmeneki-images-20160111
    コメンテーターの竹田圭吾さん 膵臓がんのため51歳で死去フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデ…
  3. ganmeneki-images-20160111-2
    膵臓は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液(すいえき)と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管…
PAGE TOP